説明書

Meisyo+の説明書です。 日本語で記載しているので、必要に応じて翻訳してください。

  1. ゲーム目標
  2. 能力値
    1. 一般能力値
    2. 総合能力値
    3. 投手能力値
    4. 野手能力値
  3. データ分析

ゲーム目標

初心者向け
1. ゲームの流れを理解する
Meisyo+は他のゲームと比べ時間軸がゆっくりと(1日プレイ時間5~10分)進みます。
1か月の流れとしては、下記の通りです。
  1. 練習試合(リーグ戦)
    月開始~20日
  2. 公式戦(トーナメント戦)
    月末
試合には自作の物理演算を用いており、投球・打撃・守備など試合の1球1球を再現しています。
そのため、能力値が高ければヒット・ホームランが出やすいわけではなく、環境に適合した選手こそ強い状況が生まれます。

それぞれの試合形式で重要視される能力値が異なります。
短期集中のトーナメントであれば、体力が少ない選手は消耗しやすく、0になってしまえば能力は極限に低くなります。
1発勝負であれば、体力・根性が共に高いほど試合中に良いパフォーマンスを維持できます。
体力をあまり気にしなくてよい戦いや使い方では、他の能力がより重要視されます。
ゲームバランス調整は適宜行われ、能力値間の不均衡は是正されていきます。

2. 選手獲得について
選手は下記3種類の方法で入手可能です。
  1. 選手スカウト
    選手Pを使い、選手をスカウトしてきます。
  2. オリジナル選手作成・編集
    選手Pを使い、あなただけのオリジナル選手を生成できます。
  3. フリー活動(挑戦)
    特定のNPC選手の課題をクリアすることで、その選手が入手可能です。
まずは、選手スカウトで選手層を増やします。
より強い、即戦力となりうる選手の獲得のためには、オリジナル選手作成やフリー活動(挑戦・シナリオ)に挑戦していきましょう!

3. 選手育成について
練習と試合はチーム全体を、特訓は個別に選手を育成することができます。
その他で選手Lvを上げるには、アイテム「経験の巻物」または修行をお使いください。
選手は、試合中たまにケガをしてしまいます。ケガの治療には1週間程度かかりますので、サブメンバーの準備が必要かもしれません。

4. 選手強化について
各能力値を少し強化するには、アイテム「気合の塊」で可能です。
上限能力値は80です。その上限を飛躍的に能力値を伸ばすには、フリー活動(古世探索)でアイテム「寝醒めの意志」を獲得しましょう。
覚醒後、さらなる強化に覚醒Lvがあり、アイテム「意志の塊」で強化することが可能です。

5. 強い選手を作るには?
Meisyo+では、ステータスが高い=強いではありません。
利用場面や相手との相性が成績に大いに関係しており、データなどから特定場面で強い選手を見出し、育てるゲームです。
簡単な流れは以下の通りです。
  1. 勝ちたい相手、大会を決める。
  2. 異なる育成方針で各選手のレベルを上げる。
  3. ステータスの違う選手を起用し、試合後に成績を確認して、指標値(OPSやWHIPなど)が良い値になるよう試行錯誤する。
    ※データ分析機能で強さの傾向を調査することが可能です。
  4. 勝ちたい相手、大会に挑戦する。勝てなければ過去との比較を行い、改善すべき点を見つける。

能力値

一般能力値

利き腕
投球する利き腕です。
左・右により投手対打者での有利不利が存在します。
左・右により守備の有利不利は存在しません。
打席
バッターボックスの左右を示します。
左・右により投手対打者での有利不利が存在します。
左・右によりバッターボックスから一塁への走塁速度の違いが存在します。
属性
選手のタイプを表します。
属性は4種類存在し、属性により有利不利が存在します。

  1. 精神を大事にします。技に強く、体に弱いです。

  2. 技術を大事にします。体に強く、心に弱いです。

  3. 身体を大事にします。心に強く、技に弱いです。

  4. 特筆した特徴はありません。
身長
投球開始位置が身長平均値をベースに変動します。
(現在)打撃では、スイング位置およびストライクゾーンは変動がありません。
体重
(現在)変動はありません。
調子
選手の調子を表します。
平均50で、調子が上昇した後は下落するようになります。
調子をアイテムによって上場させた場合、下落速度が早くなる傾向があります。
体力
選手の試合での体力を表します。
最大は100です。
総合能力値の体力と掛け算をして、試合での最大HPが計算されます。
スキル
選手の特別な能力を表します。
各々のスキル効果は合算されます。
覚醒
選手の潜在能力を極度に向上させます。
各能力の覚醒Lvの強化が可能となります。
未覚醒の場合、能力値の最大は90です。覚醒済の場合、能力値の最大は120です。
隠し能力値
投球モーション、打撃モーション、打撃位置などが存在します。

総合能力値

戦力評価
選手の能力値の総合評価値です。
各能力の累計ですが、各能力ごとに係数が存在します。
体力
試合での最大体力です。
根性
試合中の体力減少を抑制します。

野手能力値

ミート
打撃時にミートポイントを合わせる能力です。
投球された変化球の変化量が高くても、ミートが高ければ対応できます。
パワー
打撃時のスイングスピードです。
この能力が高ければ高いほど打球がよく飛びます。
走力
走塁・盗塁時の移動速度です。
守備時の移動速度にも適用されます。
肩力
守備時の送球速度です。
守備力
守備時の移動速度や守備のなめらかさを示します。
盗塁阻止の計算には、捕手やタッチを行う選手の守備能力が反映されます。
反応
打撃時の速球およびキレへ対応できる度合いです。
高ければ高いほど走塁・守備時のスタートを切るタイミングが良くなります。
エラー回避(E避)
守備エラーを抑制する能力です。

投手能力値

速球
投球時の基礎的な速度です。
高ければ高いほど三振を取りやすくなりますが、打球が飛びやすくなります。
制球
投球時のコントロールです。
高ければ高いほど失投の確率を減らします。
変化方向
変化方向の種類には2パターン存在します。
方向・変化量・キレの組み合わせにより、どちらのパターンでも強い投手となりえます。
  1. 別方向2種+チェンジアップ
    例)スライダー+カーブ+チェンジアップ
  2. 同方向2種+別方向1種
    例)カーブ1+カーブ2+フォーク
変化量
変化球の変化の大きさです。
キレ
速球・変化球のキレの良さです。
変化球のキレが良いと打者のより手前で変化が起こり、ストレートや他球種と見分けがつかなくなります。
速球のキレが良いと、上手く打撃するにはより反応速度が必要となります。

データ分析

メイン画面にある分析室よりデータの取得が可能です。
詳しくは下記を参考にしてください。分析用プログラムコードの公開も行っています。
  1. [Meisyo+] データ分析その1 能力値ベースの打率予測

戻る